« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

少し難しかった

ソウルフォトに写真を送る。

23キロの荷物が、2日で届いてしまうから凄い。

今回の展示はちょっと悩んで、最初は沢山の写真を直貼りしようと思っていたのに、直貼はNGとのことで、額を探したけれども、大四の額はなかなか無く、それに額は高くて、30枚は買えない…。

かといってパネル貼りにするとほとんどが二度と使えない状態になってしまう。

という事で得意の、スチレンボードを芯に、布を巻いて自分で額を作った。1カ月位ずっと悩んでいたのに、作り始めたら4日位で出来た…。案ずるのが難過ぎる…。時間が有ればあるだけずっと悩んでしまう。どうにかならないのだろうか。

次の展示には新作を出せないかな…?6月です。また告知します。

明日からソウルフォト、行く方宜しくお願いします。(GGの皆様、搬入宜しくお願いします…。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この間行ったペットショップで

売り物の5000円もするツノガエルが、10匹位個別でケースに入っている内、1匹は土色に溶けて背骨の白がちらつく位になって、もう1匹はまだ模様も顔もはっきりしているものの、体のラインが水面に溶け込んでしまっていて、そちらの方がより空しい。店員さんに、死んじゃってるみたいです、とケースを渡して帰る。
長く大切に飼っていたとしても、小さいものは死ぬときは突然だし、死んだらどうにも取り返しがつかない、ということを思い出して胸がチクチクする。でも、小さいものの死は、すぐに忘れてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土を大袋で3つ買う。

パセリ、ピーマン、ナス、ラナンキュラス2鉢、マツバギクを買う。

一週間位前に蒔いた種がまだまだ芽を出さないので、枝豆の種を掘り返してみたら、もう皮が破れかかっていた。もう少し。

早く野菜を食べたい。もっと葉物を増やしたい。最近野菜が高い…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

色々分からない

タダで捕まえたカエルの餌代が月2500円位掛かってしまう計算で(カエルは動く餌にしか反応しない、死んでいてもあたかも生きているように動かせば食べないことはないのだが、四匹居るので時間が掛かって相手していられない)、自分が好きで(カエルは嫌で仕方が無いだろうに)身勝手に飼っているのに、餌のせいで自分のキャベツやレタスを我慢して水菜ばかり買っているのはどうなんだろうと思い、餌について色々調べた。

コオロギはまとめ買いすると半額位になるのだが、まとめて200匹(約一月分、足りないかな)とか買うのは一体どうなんだろう…。うるさそう。本当は自分で育てられたら良いのだろうが、幾ら虫が平気でもコオロギ沢山はそこまで大得意とは言えない。ミルワームにすれば良いのか、でも栄養がコオロギよりか少なそう。デュビアというゴキブリの仲間はまだ実際に会ったことがなく、動きがのろくて飛ばず、もっと硬い感じ、なのは分かっているのだが、怖い。

そんなこんなでミミズなら安いんじゃないか、と思ってミミズのことを調べていたら、ミミズコンポストの存在を知る。土を入れた箱にミミズ千匹(笑)位を入れて、野菜くず、茶がら、卵の殻、細かく切った紙などを入れておくと、ミミズが食べて肥料が出来る、という魔法のシステム。読んでいたら凄く面白そうでやる気満々になったのに、実はそのミミズ(シマミミズ)は外来種だという事を知り躊躇する。でも私がやらなかったところで、そのミミズは堂々と釣り餌として売られているし、環境に良いと言われるミミズコンポストを実践している人は、皆このミミズを用いている。(普通に泥の中にいるミミズ(フトミミズもしくはドバミミズと呼ばれる、同一種)は分解のスピードがものすごく遅いらしく、コンポストの機能を果たせないらしい。)

今度は外来種が気になって調べていると…。てんで分からなくなってくる。人間がもたらして、元来の生態系に著しい影響を与えているものは何となく良くないものだってのは分かるのだが…。それが何年前からなら良いのか?トマトだってカボチャだって…。雀だって!人間が一番!!ヨーロッパではワカメが大量発生して困っていたりするそうだ。

環境は刻々と変わりつつも、絶滅するものは絶滅するし、細々とでも残るものは残る。生き残るために凄いスピードで進化する可能性だってあるし、近似種で交配して新種(と呼ぶのかしら)が生まれても、それのどこがいけないのか分からない。

色々考えていると、本当、てんで分からない。

来週のカエルにはミルワームをやることとする。それと庭で新鮮なダンゴ虫を採取して。ナメクジだってえり好みせずに食べてくれればいいのに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

興奮し過ぎて上手く眠れなかった

試合中にリング上で相手に片耳をガブガブと全部食べられてしまうK-1選手の夢を見る、しかも彼の小さな坊やの目前で。気持ち悪がる自分と、ミミガーや幹細胞の事を考える冷静な自分、耳もきっと再生するだろう。
この間ES細胞?幹細胞の技術に関する番組を見ていたが、多少指が切れてしまっても元通り、豊胸手術では乳腺なども新たに増えるらしく…。もうきっとドーピングなんかも見分けられなくなるんじゃないか。金銭問題さえ解決すれば、美容整形も画期的に、しかも体に大して負担もかからず…。どうやって歯止めをきかすつもりのか見当がつかない。が、私も歯を治したい。それと、治るなら近視、乱視も眼鏡無しでも辛うじて生活できる位に…。(これは違うのか?)何が出来て何が出来ないのだろう。指は再生しても根元から切断された脚はまだ治らないだろうか、地雷などで脚を無くした人も元通りになったら…。
カエルのモンちゃんは一度レッドレッグという感染症にかかって指先が骨が見える位溶けてしまったが、大分治った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイジーナ

という言葉を、この間撮影現場で初めて知った。ふと語源に気付いて、衛生的な、みたいな意味なんですかね、と言ってしまったが、場が白けてしまう。立場をわきまえなきゃ、とよく後悔する。会話って難しい。
最近天パーの髪の毛が増えてきた。加齢現象で毛穴の形が変形して天パーになる、と以前聞いたことがある。いつまで丸いボブが出来るだろうか?
この間無印の花屋さんで大好物のパクチーの苗を買った。小さなポット栽培で、植え替えた時は根が細く、茎もだらんとうなだれてしまっていた。野菜用の土に変えて一週間、新芽が出てきて茎もちょっとはしゃんとした。買うと高いし、使い切れないので、これはとても嬉しい。
カエルのコオロギがなかなか買いに行けない。寝てばかりいるけれどお腹は空いているのだろうか?この間ダンゴムシを見つけたので、カエルのケースに入れたが、雑草も沢山入っているので食べたかどうか確認出来ない。
カエルとか水棲ガメとか、冬眠する動物は凄い生命力だ。11月から3月まで何も食べなくてへっちゃらだ。手が全然かからない。そのかわりその間退屈だ、ついついちょっかいを出してしまう。
実家の猫は毎日6時に鳴いて父を起こす。可愛いが手がかかる、がべらぼうに可愛い。しかし猫を飼うと他に何も欲がなくなりそうで怖い。仰向けに寝て猫をお腹の上で寝かせているといろんなことがどうでも良くなってしまう…。
ゼブラフィンチもいつか飼いたい、蝙蝠を捕まえてみたい、いつか叶うのか…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凄い記憶力と音感が欲しい…。

スピッツのライブを観てきた。今回のは新曲をレコーディングしながら進めていくやり方で、聞いたことの無い曲を4曲も演奏した。仮タイトルはビギナー、つぐみ、シロクマ、凡人の恋…、ちょっと冴えずに面白い。これからどう変わるんだろか、楽しみ。
その内のつぐみという曲がとても気に入ったのだけれど、ワンフレーズしか憶えられない。アルバムはいつ出るか皆目見当が付かない…。じらされる。早く歌い踊りながら昨撮りしたい。(東京事変はうまく憶えられず、(英語は全く)歌うことに集中しすぎて作業がはかどらない。)
一緒に歌っていて声がガラガラ、まだ暫く冷めるな、興奮!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロフィール用に無理矢理撮ったのに結局使われなかった

フランスのフォトという雑誌に載せてもらう用の写真、プロフィール用に撮ったのが無かったから急いで撮ってみたが、どうも気取っていていけない。
何枚も送ったら、一番おちゃらけているのが使われて、ちょっとほっとした。そうでなくちゃ。気取ったってどうせ見抜かれてしまうのだ。

本を読んだり(ずっと読みたかった内田百閒のノラやを読んで号泣等)、種を蒔いたり(枝豆、トマト二種、大葉、チンゲンサイ、レタス等)、ご飯を沢山食べたり、前髪が眉上3センチで眉墨を何年ぶりかに買ったり、ラジオを82.5から81.3に変えたり(と書いてやっぱり賑やかすぎて戻す)、写真展のプランをぼんやり考えたり、お腹周りに脂肪を付けたり、平和だけれど殆どのことを滞らせていて、ご迷惑をお掛けしている方本当にすみません。睡眠時間が異様に長くて、一日がすぐに終わってしまう。滞らせるものだから頭の中がゴチャゴチャだ。あー、ゴチャゴチャだ…。
Img_0786_2


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »