« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

はちたいじ

はちたいじ
途中セットし終わった蜂たちにレリーズが直撃、ボーリングのピンみたいに蜂が飛び散った。
今日は茶色い物が多かった。
並べてばかりで猛烈に眠い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タラコ二本目

タラコ二本目
タラコ唇にしたかっただけなのだが、背景がシンプルすぎたので、蛇足か?
子安貝をとめるのにブルタックという練りケシみたいなのを使っているのだが、形は自由になるし、全然跡が残らないし、結構しっかり付く。展示にも使えそう、おすすめです。
しかし並べたり埋めたりは、手間がかかる、がかけずにおれない…。白や黒でもディティールの派手な素材を使ってしまう。白バックとか、いつか撮れるようになるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内臓は宗教的なものと合わせたくなる

内臓は宗教的なものと合わせたくなる
と、セスジスズメの蛹、触ると下半身だけピンピン動く。お尻の針がタラコに刺さったりしてちょっと厄介。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱皮

脱皮
脱皮
脱皮
脱いだ皮も栄養になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イイダコが売れています。

飯蛸ポートレートという作品があるのですが、エディション7枚の内5枚お買い上げ頂きました。本当に有り難いです。気に入って頂いた方がいらしても、あと2枚しか売れません。写真はG/Pギャラリーのサイトでご覧頂けます。
と書いてみたところで、日本ではなかなか写真を買って頂けない気がしています。アートバブルの時も、油絵の青田刈りの話は聞いたけれど、写真ではあんまり聞かなかった気がする…。
仕事を減らして制作していたら、どんどん必要な物が増えてきたので、色々仕入れたり、ヤフオクで人形を沢山落としたり(と言っても、15000円位しか使っていない)していたらあっと言う間に金欠に。感材費が高く、現像料も、今見たら、未現像のフィルムが110枚と25本ある。現像料で4万円位になる。110枚のフィルムはそれだけで3万円、ポラも150枚買って4万円、プリントの事を知らんぷりしたい。でも、シノゴで撮りたいし、虫は冷凍して殺したくはないし(麻酔は?)、動く物は保険で何枚も撮りたい。
自分のやりたいことだけやって全然我慢しないからこういうことになる、が、我慢して何になる、と思うところもある。
宝くじが当たって何に使ったら良いか分からない!という方がいらしたら、是非写真買って下さい!買う方もだけれど、作る方こそとんだ道楽!
今日は低気圧でいつも以上に頭がモーっとする。
もっと努力出来るところが沢山ある、ことを今思い付いた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キイロスズメバチと

キイロスズメバチと
ワカサギ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死んだ蜂と戯れているのだけれど

死んでもまだ毒があったりするのだろうか?手がヒリヒリする気がする。あと寒いようなきがしないでもない。が、私はぼんやりと見ることで部屋を歪ませたり、寝る間際に幽体離脱ごっこをしたり出来るので、(みんな出来るのだろうか?)体感温度なんて思い込みで易々と変えられるはずだ。
蜂の脚が伸びなくて、死んでいるのがバレバレだが、数が多くて直す気になれない。
あ~、早く終わらせたい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さなぎビーバー別バージョン

さなぎビーバー別バージョン
ヤノマミと一緒に荷物を運んでいるつもり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さなぎの抜け殻

さなぎの抜け殻
間抜けです、絶対飛べそうにないけど飛んでる、飛んでないけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白鳥に見えなくないおもちゃかぼちゃ

おもちゃかぼちゃが色も形も大好きで、毎年買ってしまう。
今日のは見たことのない大きさ、細長さで、500円もするのに3つ買ってしまう。
店員さんに、白鳥に見えませんか?と確認すると、まあ見えないことはないです、と言われる。私は穿っているのだ。
最近はすっきりした画がブーム。すっきりした背景のために、本皮だったり合皮だったり、和紙だったり布だったり、シンプルな色だがディティールの面白い素材が欲しい、沢山欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鞄にとらわれて何も出来ない

撮影すべき物が臭ってきた。
夜中のノリをメモして、作業は昼間に…。魚と肉を買ってしまったが、いつまでもつのやら。
臭い思いをして撮ると、後々見た時被写体の臭いがわいてくるのが面白いが。
同じ写真が、現物を見ていない人に4枚も売れて、少し不安になる。写真は滅多に売れないので、いつも不安が付きまとうけれど。勢いはあるけれど、ライティングに後悔があるからか。勢いと丁寧さ、両方取れたら良いのに。
勢いに乗って、鞄を買いに行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛹で拾って

蛹で拾って
蛹で撮ろうとセッティングも全部考えて、後は撮るだけと思っていたが、気が付いたときには綺麗な大人になっていた。
捕まえて半日、撮ろうか放そうか考えたが、あまりにも繊細で綺麗なので放すことにした。タテハチョウの一種、羽を広げると鮮やかな朱色、一足早い紅葉の色。
虫がどんどん好きになり、殺せなくなる。傷めないで撮るわざを身に付けたい。もっと生態に詳しくならないと…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

骸骨です

骸骨です
花で一杯で嬉しそうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しその実花畑

しその実花畑
う、6時半…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり南仏とかか?

ふた月後の自分に見当がつけられていない。写真、売れるのか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ほうずき恐竜

ほうずき恐竜
センチュリーアーム超便利!ロースタ買い足さなくて済んだ!
昨日今日でネットで多分10時間位気に入る鞄を探してしまった。いまだ分からず…。早く終わらせてしまいたい。
ヤフオクは目処がついた。私の欲しがる物はほとんど競争相手がおらず、簡単に落札出来る。
この間届いた人形はやっぱり少し迫力があるので、一人一人に声を出して挨拶をした。これはちゃんとした人形に対する儀式。しないときっと落ち着かない。最初だけではなく、たまに話しかけるようにしている。こうすれば全然怖くなくなる。
撮らないとならない物が沢山たまっている。軽く、こなせるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小島聖がどうにも好きだ

ラジオを聴いていたのだけれど、生命力が強い、堂々としている感じに惹かれる。
松本さゆきとか、かすみりさとか、大きくてグラマラスな女の人は、近くで見ると脳髄にビリビリ来る。フワフワする。無い物ねだり。
逆に大きな人は小さいのが気になるらしく、背の高い女の人にはいろんな所でお世話になっている。
このブログは色々細かいデータが出て、誰だかは分からないものの、一人の人がどのページを見たかが分かったりする。
昨日いらした誰かさんは150ページ位見ていって下さった。有難うございます!だけれど、一つずつさかのぼるよりも、月毎にさかのぼれば一月分がまとめて出てくるので楽ちんです。

道端でカエルや亀の入った水槽を拾ってきて、帰ってよく見たら、蛇やらトカゲやら沢山入っている。びっくりして母に元の場所に戻すべきか相談しに行って、戻ってくると大量のゴキブリが生き物にたかっている。大の苦手だが、パニックになりながらも、水槽の蓋を開け、割り箸で一匹ずつ潰していく。全部殺し終わって生き物を仕分けしていくと、亀やトカゲは傷付いて、ピンク色の肉が所々むき出しになっている。大きな蛇が出て来て、カエルを飲み込もうとしていたりするので、それも仕分けする。また母に話に行き戻ると、部屋を白っぽいぼんやりした模様の虎がウロウロ歩いている。焦って部屋のドアを閉めて、廊下を通り、隣の部屋のドアも閉めるが、虎はあっと言う間に私の見張っているドアも易々開けて、親しげに抱きついて来た。凍りついて、お願い、私は食べてもいいから、可愛い二匹の猫ちゃんは食べないで…、と言うと、食べないさぁ~!とすこし芝居じみた調子で発語する。驚きつつ、私はまずいと思うけれど…、と言うと、そんなことないよ、美味しそうだよ!と。安心したからか目が覚める。
疲れちゃうけれど楽しい。こうやって書いて行くと、現実に経験した何が、夢の何かに繋がっていくかが分かってくる。寝ている間に記憶を整理しているというが、いつも整理の仕方がこんがらがっている気がする…。
撮影が全然進められない。
パリフォトとセットでどこかに行こうと思っているのだが、寒そうで考えてしまう。去年はウィーンが強風、雹なんかで辛かった…。その後のブダペストは案外平気だった。街はベスト5に入る!また行きたい、が今回は違うところが。バルト三国を考えているが、寒いのか?ワルシャワも行ってみたい。迷う…。毎年パリに行けたら良いが、季節が…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

買い物ウィーク

センチュリーアーム、乳白アクリル、靴、人形大量に、ビーズ、テグスやワイヤーや練りケシなど、来年の手帳とノート、あと鞄を買えば終わり。
本当はコンタクトを買わないといけないけれど、まだそこまで買えない、私は瞳のカーブが急で乱視もひどく、使い捨てコンタクトは合わない。
あー、モノブロックもう一灯…。

セスジスズメは蛹になりかけている。2、3日の間に羽根がすくすく育つのが透けて見えて、こういう小さな事には胸をギュッと掴まれる。(大きいことは大き過ぎて逆に見えないことが多い。)
一昨日まるちゃん(ヒキガエル)にアルミの軽い器をかぶせてからかって、そのままにしておいたら、昨日の晩もかぶったままで土に埋まっていた。いやじゃないらしい。可笑しい。
写真の教室の講師をしているのだが、昨日の授業では、動きがおかしいとニヤニヤ笑われたり、授業の後で女の子にボディチェックついでに胸を触られたり!どこか改めた方が良いのか?ちなみに私なりに大真面目に教えています。
スピッツのファンサイトでまた草野マサムネにメッセージを送ってしまう…。そこに救いはあるのか?
作品作らないといつまでも、自分を救えない、本当、それだけの事だ、極単純なこと!
蛹とビーバー、ほおずきと恐竜、アボガドとヒキガエル…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幼虫でも成虫でも

虫が耳にもぐり込んでいるイアフォンがあったら可愛い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全然使えてない…。

アオリの方法を間違えていた。なんか被写体の形が歪むなぁ、と思っていたら!ヨドバシでシノゴの本を読んでいて気付く。軽率だ。
センチュリーアームを買いテンションが上がる。道具や機材を買うのはワクワクする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シロテンハナムグリがこれにつく

シロテンハナムグリがこれにつく
が、動いてすぐビーズの下に潜って探せなくて大変なので割愛。(写メ上手く撮れない…。)
ハナムグリを主役にするつもりだったのにおまけになってしまったので、もう一本撮らないと放せない、可愛いから離したくない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビーズがギリギリしかない

テグスに通すのに丸一日位かかってしまう。ネックレスなどを総動員しても隙間が上手く埋められない。
ビーズももっと欲しい。色々な物をもっと沢山欲しい。
ヤフオクでキャラクターになれそうな物を買っている。上手く行けば、50個位手に入りそう。(いらないものも沢山ついてくるのが難しいが…。)
早く新しい子を撮りたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セスジスズメが糸を吐いている

もう一つくらい撮りたかったが、もう蛹になるべく部屋を作っているので邪魔出来ない。蛹になったらケースから外しても大丈夫だそうだから撮りたい。この時期のは来年成虫になるそうだ。大きくなるのはあっという間なのに、変身するには時間がかかる。
カエルがちゃんともぐれるように土を足す。なぜか三匹は固まって大きな窪地を作り、更に別のカエルの下にもぐり込もうと押し合いへし合い。乗られて可愛く鳴いたりしている。
生き物を飼うのとゲームは似ている?飼育ケースはハードで、そこに新しいソフト(生き物)を入れて、クリア(成虫になったり)したらまた新しいソフトを。ハードも増やしてしまったり。(小さいのも。)夢中になって時間を忘れてしまうのが全く一緒、目が離せない…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘラジカ

ヘラジカ
黄緑が爽やか、私の写真には珍しい。(写メ、実際はもっと透明感ある色)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤフオクにつきっきり

古い日本人形、見ようによっちゃ怖いのを8体位買った。久し振りのヤフオクで、自動更新のシステムをすっかり忘れていた。でも絶対欲しい物には張り付いていた方が良いに決まっている。
剥製のゴルフしている狸、ヨーロッパの陶器の人形も5体。送料など込みで一万円しない位、高いか安いか全然分からない。段々人形のサイズが大きくなってきたが、背景なども大きくしなければならなくて手に負えるのか不安、だが今まで撮れなかったスケールの物が撮れるようになるなら素敵。シノゴの蛇腹、短くしてみたい。
そろそろ頭の回らない時間帯、単純作業の時間。早く頭を空っぽにしたい…。最近知恵熱?ちょっと考えるとすぐ頭がモーっとするの、が少しずつ減っている気がする、がもっと負荷をかけないと…。パリフォト写真の締め切りまであと10日位!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯からテスト

携帯からテスト
夜中の3時半なのにまだ食べてる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芋虫が凄い

一日で里芋の葉を一枚半食べる。毎日2、30%大きくなる。食べっぷりも育ちっぷりも黒い色もかおなしそっくり。育っても頭の大きさは全く変わらなくて、バランスが悪い。
電気を点けた部屋に置いているからずっと食べ続けている。撮影のセットに乗せると必ず糞をする。ほんのり緑色で、六枚の花びらのある花形の柱の形で洒落ている。もうちょっと食べさせたら撮ろうと思う。
カエルのダイエットは上手くいっている気がする。暫く動きが鈍くなっていたが、エサを取るためにびょんと跳ぶようになった。
物を一日中きれいに並べている。カメラを見ながら、立ったりしゃがんだり、膝も足首もポキポキ鳴ってハラハラする。今日は三脚につけたカメラがいきなりガクンと首を垂れて、よく分からないところに人差し指の皮を挟む。めくれたのを無理矢理戻し絆創膏で蓋をしている。こんなんでくっついたら良い!
ストロボの光量が全然足りなくて、きついライトならいけるが、柔らかくするのに銀レフで起こさないと絞れない。小手先ライティングで疲れる。ワット数さえ有れば!せめて800ワット欲しい。
まだ食べてる、面白い。芋虫はさらさら、プニプニで気持ち良いが、手のひらに乗せると食べられるかどうか咬んでチェックしながら進むので、チクチク痛い。相変わらず尻尾をピコピコさせている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やりたいことが沢山

時間も沢山、仕事を代わってもらって集中できる環境にあるのに、考えてばかりで全然進まない。買い物に行っても目当ての物が見つけられない、別の物が見つかったけれど…。
シノゴを撮るのに勿体ぶって良くない。世の中にはシノゴのフォーマットしか存在しないと思い込みたい!
考えすぎて何がしたいのか分からない作品になってしまう。肉や魚介類、それだけで力持ちの物に逃げたい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更いてもたってもいられなくなって

亀を探しに鼻息荒げて実家へ。(自転車で5分)自転車を停めていたら向かいの工場の人に呼び止められる。父は居るかと聞かれたので、亀のことか?と期待に胸躍らせ居ません、と言ったら、亀が見つかったんだよ~、と!
昼休みでおじさま方に囲まれながら導かれ、ダンボール箱を覗くと、ちゃんと水を入れた小皿も一緒に!ありがとうございます!!
お礼を言いつつニマニマ亀を鷲掴んで帰る。水槽に戻すと、前と変わらず泳ぐ泳ぐ、元気で良かった。生き物は魚以外は良く脱走する。猫もカエルも。しょっちゅう探している。
セスジスズメの幼虫は一晩で豆を戻したかのように大きくなった…。体や胃はゴムの袋みたいなもので、食べただけ大きくなるのだろう。葉だけを食べて大きくなるには工夫が必要だ。歩く度に尻尾の棘をピコピコ動かす。本当にこれで鳥の目を眩ませられるのか?
ハナムグリはしょっちゅう死んだふりをしている。もう騙されない。早く撮って早く放したい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

芋虫にカビがはえた

節に白い点々が、カビがはえたと思ったら、模様、かっこ良くなってる!また怠惰を正当化してしまう、生花だけ気を付ければ良いのではないだろか?
ハナムグリの落ちが全然見つけられない…。小さくて難しい、模様や色や形で探せないから難しい、光沢を探しているがあんまりない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピーセルがきかない

ストロボのスレーブが壊れたらしい。ポラの時は何ともなくて、シノゴ10枚撮り終わって、67撮ろうとした時に初めて気付く、いつから飛んでなかったんだろう…。ヘラクレスの幼虫を使ってシンプルに撮ったものなので、取り返しはいくらでもきく、と良い。修理出さなきゃならないのか?ストロボの予備が欲しい。シノゴだと光量が厳しい。
虫ばっかり撮っている。大きい止まっているものが撮りたい。

実家の亀は見付からない、どうしたらよいのか分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

背景の布を買う

本を買う時もそうだが、それだけで可能性が広がった様な気分、小難しい本買っただけで読んでもないのに頭良くなったような気がするのと一緒だ。
ゴムの百足を切る、ゴムだけどちょっとしのびない。
黒地に赤や橙の目玉模様のある芋虫を捕まえる。図鑑で調べるとセスジスズメガ、里芋の葉を食べると書いてあったのでやってみるとムシャムシャ、小さな音をたてて食べる。出来るだけ移動しないように効率良くきれいに食べるのに感心する。終齢になると蛇に似る、と書いてあったのでもう暫く育てようと思う。
これから撮るのにお酒を飲んでしまった…。ンまいっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栗を沢山食べる

昨撮りに使った栗、まだ撮れるが、好物なので食べることにした。茹でるには一昼夜水に浸けなくてはならないと書いてあったので、半分はそれに、あとの半分は焼き栗にした。簡単、すぐ出来た。
あんまり甘くないのでお昼ご飯に7個、夜食に3個、小動物になった気分だ、楽しいし美味しい。
昨撮りしている時、置きっぱなしにしていた無反射ガラスに足の親指をぶつけて切る。スパッと切れてちゃんと血が出る。だらしないから…。
そんなことに気を取られていたら痛恨の重ね撮り、予備に何枚か撮っているが、一番良いアングルのだった。しっかりしないと!
一昨日から今日の夜まで軽い作品で大分悩んでしまった。きちんと配置する、が出来なくて、何度も並べ直してかなりてこずった。出来てしまえば、どうしてこんなことに?と思う。
視野が狭くなっている、せめて秋の雲の浮かぶ清々しい空を見よう…。
枯れゆく花々、自分が買ったのだが、枯れかけるまで撮れなかった、を軽い気持ちでこなしている。忍耐力も集中力も何処へ行った?まだまだ溜め込んだ物が大量に…。弱気で、豚のタンは冷凍してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前に載せたかえるの写真

クックじゃなくてちびちゃんだった!間違った…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色々書きたい

東京フォト、頭山さんの展示(アカアカシャ)、万代さんの展示(ヒロミヨシイ)、辺口君の展示(明るい部屋)、カブトムシを放したこと、コオロギがバタバタ死んでしまったこと、実家の亀が逃げて見つかったのだろうか、あー、作らなきゃ…、寝過ぎた…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いがぐりいたい

いがぐり、ハリセンボン、アザミを使っているが、どれも痛い。
コオロギをトイレに入れていたら寒かったのか、いくつも死んでしまった。死にたてをカエルにやって、生きているのを日に当てたら、貧乏揺すりみたいに体をブルブル震わす。今は殆どがちゃんと動いている。ミルワームの方が確かに、楽だ。カブトムシ二匹はもう喧嘩しない。
いがぐり、ポラが上がった、おかしな写真!
昨日東京フォトのオープニングに行ったが、おかしな写真はそんなに無い。(コマーシャルに乗らない、という理由だと思うが。)自分の仕事?とは呼べない、でもやらなくても全然良いけどあったら面白いもの、が作れるのは幸せだ。ドキドキする!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コオロギ124匹

トロピランドに行ったら、それで終わりだったらしく、100匹のところ124匹、大分オマケしてもらう。この間も、ミルワーム70匹が50匹の値段だった。帰りにウキウキしながら餌の値段を計算してみたら、結構高い!!絶対に食べさせ過ぎだ。これからはちびチャン以外はダイエットさせよう。
帰って5匹位ケースに入れたら、次の瞬間もう居ない。ぼんやりしていたら食べるのを見損なった。早い…。
コオロギをケースの上に置いたら、みんな首を伸ばして上を見ている。コソコソと大量に動く音を聞いていたらうたた寝してしまう。コオロギは気持ち悪いんじゃないかと思っていたが、目がつぶらで案外可愛かった。どんどん許容範囲が広がっていく。
ミドリガメを買っていた人が誓約書みたいのを書かされていた。模様がどぎつくて惹かれるが、30センチになるのは飼えない。小さいと可愛いけれど…。すぐ横に赤腹イモリが居たから、そっちにすれば良いのに、あ、私が欲しいだけか。
コオロギはトイレにしまおう、この音は危険だ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カブトムシはそろそろ死んでしまうだろう

成虫になってからは2カ月程度しか生きないらしい。早く撮って放してやれば良かった。元々人工的に飼育されたものだけれど…。
ヘラクレスは成虫で一年位生きられるらしいが、ヒーターを買わないと駄目だろう。
ヒキガエルは、15年とか20年生きるらしい。小さいのにびっくりだ。飼うならカメとか、イモリとか、ヨウムとか、長生きするものが、と言っても、ヨウムは80歳まで飼う自信がない。無責任な今の私には、いつでも自然に返せるものが良い。
ごく近くの可愛い猫を手懐けたいが、私にはファーっと言うし…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日で嬉しい。

特に祝わない誕生日に慣れてきたが、何だかウキウキする。朝早めに起きて本を一冊平らげる。
今日は撮れる!と思うと嬉しい。
人体模型、臓器が取り外したり出来る、でも白人の端正な顔で夜見ても怖くないやつ、(ケント、という名前が似合うと思っている)を買う。中目黒の温故知新というお店で5000円だった、安い、気がして…。
人の脳味噌よりも大きいケイトウ、本当にお化けみたいに大きい、を買ったけど、大きすぎてどうしたらいいか分からない。が見ているだけで楽しい、と最近よく思うからいけない、人に伝えようという気持ちが減っている、会話しなきゃ!
朝一読んだのは『ある漂流者のはなし』吉岡忍著です。2001年に37日間漂流していた人の話、飄々としていて、生きることにしたたかで、感心させられる、人のしなやかさを知ります。
最近ネットで辿り着いたカニバリズムに関するサイトに、冬山で遭難して、最初は仕方なしに食べた人肉も、最後には他にビーフジャーキーがあるのにそれを食べずに、新鮮な仲間肉を…、というのが有って、多分私は食べられる方の人間だと思う(願う?)が、この本で少し心が洗われた気がした。
それから昨日は、前に録画していたアンネの日記のドラマを見た。6年位前に欧州を旅した時、いろんな所に行きたいと欲張って、ドイツベルギーオランダなんかはほぼ一日一都市で歩き回って、でもアンネの家と、アウシュビッツには軽い気持ちで行っていて、でもそういう軽い気持ちが今でも色々な事に影響を与えていると思うと捨てたものではないと思う。
あ、旅がしたい…。31です、先は明るいか暗いかは良く分からないけれども、何れにしろ沢山の色に溢れている気がしています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »