« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

明日から見切り発車

作品を大きくしようとしたけれど、私の頭は近視眼的にしか働いてくれず、出来そうにない。大学時代の展示から、量に頼ってきたことを、今更ながら思い返してみる。いや、幼少期からだ。ビーズ、ドングリ、折り紙、小さな物や世界が沢山あるのが心地良い、屋混みの下町育ち、郊外の広い、物のない家に住めば、遠くや大きな物が見えるようになるのか?0.02と0.03の目で?
とりあえず明日から撮る、のはいつもどうなるか分からないのでとても楽しみ。それじゃ駄目なんだろうけれど…。
海で泳ぎたい。作らないと海では泳げない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はカエルが何度も水浴びをしている

夏らしくなって少し安心、晴れると泳ぎたい気持ちがムクムクと湧き上がってくる。

最近は浮き輪がないと怖くてブイまで泳げなくなってしまった。丸腰でいると、急に足元がヒヤッとしたり、海草が絡まったりするとゾッとしてしまう。どんどん臆病になる。

ラジオで、九十九里のサーファーが泳いでいたら、ぬるっとした生き物がいてビックリしてしまった、イルカの一種スナメリだったと言っており、なんだか妖怪みたいな名前だと思って調べたら確かにぬるっとしている。イルカは可愛い、という思い込みが無ければ気持ち悪くも見える。思い込みと知識って大切なんだかどうなんだか分からなくなる。

明日は鎌倉で授業、個人的には江ノ島の方が好みだ。江ノ島は15回位行った事が有るが、鎌倉は5回位しかない。これから調べなきゃ…。ガイドとか必要だろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チビちゃん(カエル)を工場に押し込んでいたら

脱皮が始まってしまった。悪いことをした。普段はわりとイボイボのわりにさらさらとしているのだが、脱皮直後だけ両生類であることを思い出したかのようにヌルヌルになる。10分もすればまたサラサラになってしまって爬虫類のよう。

撮影のセットをでたらめにしてみたが、「見立て」「ナマモノ」「類似性」「ビジュアル駄洒落(深井さんより)」が抜けると私のものではない。台にしている90×90の板も小さいし、背景もちゃんと空の絵が欲しいし、空には何かを沢山飛ばせたいし、池も丘も作りたいし、道路も建物ももっと…。しかしそこにどう物が絡むのだ!
今居る生き物、カエル、亀、ベタ、カブトムシ、ハナムグリの幼虫、大小ミルワーム、ナメクジ、ミミズ、ゲジゲジ、カタツムリ、実家の猫はどうだ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花火どんどん

足立の花火の音がとても良く聞こえた。今年は花火に行く予定が無い。今年の夏はぼんやりしている間に終わってしまうのだろうか…。
雨が降るな、と思っていたら、戻り梅雨、と言うらしい。明後日の自然光の授業の日、雨マークが付いている。鎌倉には雨がきっと似合うだろうけれど…。
プラモデルの家を6件、団地を2棟、工場を1棟建てて塗装した。人は150人位塗った。それでする事が無くなってしまったので、グルーガンで遊び始めたら、粒々が気持ちよくて、延々と粒々を作って遊ぶ。もう写真を撮ること以外にする事が無くなってしまった。どんな世界を作ろう。物はいくらでも有る。無秩序に出来たら楽なのに。
ラジオを聴いていると、クレイジーケンバンドの曲が良くかかって、ドライブに行きたくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンナー吸ってもハイになれない

模型をずっと塗っているのだが、臭いがきつくてリミッターが振れてしまう。暗室の時もそうだが、最初は臭いなあ、と思いながらも続けることが出来るが、3日位こもりきりになると、もう駄目だ!という瞬間が来る。色塗りもそうだ。窓を開けて、換気扇をかけても風があまりなく苦しいので、扇風機をかけたら首と肩が冷えて痛くなり、仕方なしに長袖シャツを着て、マスクをして、それでも臭いのでめげてこれを書いている。プロが使うマスクみたいのが有れば良いのだろうか。シュノーケリングのマスクとか…。
プラモ用の接着剤も臭い。
父の知り合いが転職をして念願のパン屋さんを始めたが、一年位経ったら、小麦アレルギーを発症してしまったそうだ。もう長くは続けられないらしい。米粉のパンはどうだ。
アクリル絵の具は、重ね塗りが手間取るなぁ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

歯が脈打っている

私は脈が割と少ないので良かったと思い込みたい。今度はお腹が空き過ぎて眠りにくい。それだけじゃなく、沢山の人に会った興奮も冷めやらないのだろう。
小さい方のカエルがご飯よりも脱走する事に興味を示していて、食べなくていつまでも小さいままだ、顔が大きなプロポーションは可愛いのだが、少し心配。
今日はカブトムシより自分のお腹の方がうるさい。そして脈も…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯が痛い

歯の治療に行ったのだが、麻酔を普通の人の3回分打ったそうだ。それでもまだ痛かったし、今も痛い。寝る前だからと痛み止めを飲まないようにしているが、じんわりと押し寄せる痛みを上手くやり過ごせない。痛みに本当に弱い…。

歯医者、池袋ハンズで模型用のメタリック塗料を買う、友人の写真展でケーキ、友達の家に貰い物と借り物返しとお茶とたい焼き、現像所、ギャラリーでインタビューと打ち合わせと甘いエスプレッソと頂き物のゴマアイス、帰ってきてビタミン剤を2日分飲んで今日の不摂生の穴埋めをしようとあがき(良くないなぁ…)、「あなたにとってのパラダイスとは」の答えを考え、二匹のカブトムシに蜜用の穴は一つしかなく喧嘩していたのでミニチュアのコーヒーカップにもう一つの蜜を用意(喧嘩に負けた一匹はしばらくそれとも戦っていて、持ち手のところに角を突っ込んでひっくり返そうとしたり、可愛い。)、カエル達が土から顔だけ出しているのを見ていたらそのままうたた寝、起きたら畳まで涎(歯が痛いからか?)、まだパラダイスについて考えている。

パラダイスについて考えたかったので、グーグルで検索をかけると、楽しげなお店に沢山行き当たる、ついつい女の子のプロフィールなどを見てしまう…、ヤフーで検索したら割とまともなのが出てきたが、日本でのパラダイスという言葉はユートピアと同じような不遇な扱いを受けているのだ、と思う。

歯医者さんに行く途中、普段乗らない西武池袋線に乗って車両中程のドアに寄り掛かって本を読んでいて、発車後ふっと顔を上げると、同じドアの対の所、すぐ手が届く所にいる人に目が行く。後ろを向いているがTシャツから何の絵か見切れていて分からないタトゥーが覗いている。ショートカットの後姿を見て、知り合いの人に似ている、と思ったら本当にその人だった。道を歩いていて、などはよく有るけれど、ここまでピタッとだと本当に痛快だ。これからハイキングに行く彼女と、遭難事故の話、死んでしまった有名人の話、写真展の話、久しぶりに、初めてちゃんと話せて嬉しい。

さっきからずっとお腹が減っているが、歯が痛くて何も食べる気がしない。うたた寝をしてしまい寝るに寝れない。模型を塗る集中力も出ない。もう少しパラダイスについて考える。

考えても文章を英語にしなくてはならないので、短くしか書けないのだけれど。

近々スタジオボイス別冊の100人の写真家なんちゃらという本に載ります。出たらちゃんと告知します。大学生のフリーペーパーに載せていただいたり、オーストラリアの雑誌、パラダイスは北京の、嬉しいけれども作品がほとんど一緒で情けない。もっと遊び人になりたいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日に限って

虫屋さんは休みだった。
欲しいものが沢山あり過ぎる。ペーパークラフトの建物も欲しい。4×5の蛇腹も欲しい。服は今年は要らない。その分模型とか、新しい筆、すぐ筆先が駄目になる…。
写真は物を実在させなければならず、絵がちょっぴり羨ましい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

動く虫は塗りにくい

塗っても剥がれてしまう…。
大きいのは色々模様が描けてお洒落になって嬉しい。
細かい作業は集中力が全然続かない。悔しい。
もっと塗りたくなったのでまた虫を買いに行く。近くて助かる。
人の模型が大量に欲しいが、高いので唸ってしまう。本当は22分の1の人が良いが、本当に高い…。我慢して87分の1の人にするので、また作業が細かくなる。
大きいことがそんな理由で出来ない。あ、悪循環のスパイラルのよう…。
(小ささが吉と出るような使い方!!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30度ではまだまだ全然暑くない。

Img_0318 私の祖先は絶対に暑い所の人だろう。最近は模型の人を塗ったり、ミルワームを水玉模様に塗ったり、一人で延々、たまに怖くなって「あー、あー」と発語してみたりしている。何でもいいから写真を撮ってしまったら楽なんじゃないだろうか、と乱暴にも思う。

前から気になっていた田尾創樹氏の顔を画像検索したら、無茶苦茶人が良さそうな顔でへなへなしてしまう。素敵!

カエルが二匹に増えてえさやりが面倒なので、餌をサイズアップした。小さい体で大きな虫を一呑みにするのに苦労して、眼をぱちくりやるのにはちょっと冷や冷やする。水を入れておいてやるといつの間にか浸っていて、相変わらず可愛い。カブトムシが夜騒いでケースがキーキー言うので眠りにくい。けれど彼らの存在を感じながら寝るのは楽しい。外を家の中に持ち込んでいるみたい。

今までのネガとベタのファイルを一気に送る。そんな事をした事が無いので非常に不安だ。かといって持ち運べる重さではなく。写真集、何か作る身分なんだろうかーー?

これからまたミルワームに色を塗る。小さい方はシンナーに暫く曝しておいてもちょっとすると生き返って、絵の具が剥がれて参る。が、水玉模様の虫が動いているのは滑稽。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プサンタウォ、そんな発音

Img_4969 Img_4974

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何故こんな顔

Img_4962

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンスター映画にありがちな

Img_4949 Img_4950

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北弁のような

Img_4927_2 Img_4929_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬱陶しそう

Img_4915

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万国旗にはいつもときめく

Img_4885_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

団地のような魚箱

Img_4868 Img_4869

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にぎやか

Img_4874 Img_4878

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚も人も

Img_4864

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅に出るとしょっちゅうカメラが壊れる

Img_5817 壊れて全然写真が撮れなくて悔しかった、ウィーンの自然史博物館、また行きたい、改装中で見られなかったボッスの絵も見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小川泰さん

http://blog.livedoor.jp/ogawakougyou/

二度くらい会った事のある人。毎日描いている。凄い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相変わらず逃げる夢

アシスタントをしている途中で、カメラマンさんを見失い、途方に暮れて途中で投げ出して帰ってしまう夢。起きても暫く後ろめたい気分が抜けない。実生活の後ろめたさが律儀に夢に。
暫く全然動けなかったが、やっと抜け出せた気がしている。ちゃんと野菜を沢山食べるようにしたからか、珈琲を控えたからか、梅雨明けに向かおうとしているからか?きっとだらしないのに飽きたんだろう…。
育てている野菜がしょっちゅう食べごろになっている。
トマトやナスやピーマン、普通に美味しく出来るので驚く。こんなんだったらもっと沢山植えるんだった。まだ間に合うのだろうか?
ヒキガエルもスクスク育ってふてぶてしさが日に日に増している。よく食べて可愛いが、際限なく食べるのでハラハラする。一度なんか7センチの体長で20センチ位の肥えたミミズをきちんと食べた。感心。
書いていたら今頃お腹が減った…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鏡の国のアリス・アンネの日記

読みたいとずっとぼんやり思っていた鏡の国のアリス、1日で読めてしまう。何だか勿体無い。
アンネの日記、読まずにアムステルダムの実際の家に行き、読もうと思って5年も経ってしまった、今更少しずつじっくり読み始めた。(グーグルストリートで見られて嬉しい。見られないところも沢山あって寂しい。)
闇雲に旅をしてミーハーに観光地を巡るのも悪くない。私は歴史が大の苦手で、世界の繋がりが全く分からないのだが、物語としてなら吸収率を少しは上げられる。
今年はパリのついでにどこに行こうと妄想している。シュバル、行ってみたいが近いのだろうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

曼陀羅のパズルを買ってしまう

2000ピースの複雑な模様で難しそうなのが欲しかったが、超上級者向けと書いてあったので、ぐっとこらえて1000ピースの穏やかなのにした。少しは砂曼陀羅の気分が味わえるだろうか…。
早く開けたい…。涎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

造花もカラフル 私もこの色のセンスが欲しい

Img_4855

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラフル

Img_4853

| | コメント (0) | トラックバック (0)

過程を知りたい

Img_4852 Img_4850

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新鮮第一

Img_4841 Img_4843

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »