« | トップページ | »

撮影はアトリエだけれど、暗室は実家でやっていて、夜は現像機のモーター音がうるさいのでよっぽどの時以外はしないでいる。

さっきご飯を食べて9時に寝てしまったら、夢を沢山見てしまって満足して二度寝が出来ない。

祖母がソファーで寝ている私を何度も揺り起こしに来る。こんなところで寝ていたら体を悪くするだの風邪を引くだの、何度も。しかし私は頑なに寝たふりをしている。終いには肌掛けを掛けてくれた。

(実際にソファーで寝ており体は痛いし寒いし。ソファーは祖母の家との通用口のすぐ傍に置いてある。)

椎名林檎が実家に遊びにきて育児について語っていた。帰り際にハロウィングッズを、きっとこんなの要らないだろうに、と思いつつも見繕って渡す。終電近い時間で、自転車で一緒に最寄駅まで行こうとしたら、父が車で送ってくれることになった。帰り際親戚が遊びにきて、椎名林檎さんです、と得意気に紹介している。

(東京事変のCDを借りたのと、里親になった方の手記を読んでしまったため。親戚は有名人が実家に来る夢を見ると必ず遊びに来る。どういう繋がりなんだろう、自慢したいのか。)

新しい地下鉄に乗って仕事に行かなければならないのに、反対方向に二度も乗ってしまったりしてどんどん目的地から遠ざかって行った。

目的地は渋谷なのに、なかなか乗り換え駅が探せない。

電車に乗りながら乗換案内を携帯で検索しているのだが、地上なのにうまく接続出来ない。

が、いきなり日本橋駅があり、見慣れた薄紫色の丸、半蔵門線に乗り換えられる!と思い降りて乗り換え口を探すと、どうやら子供用のアミューズメント施設を通らなければならない。UFOキャッチャーや、恐竜の動く大きな模型なんかが有って、暗いトンネルが続き楽しそう。だが急いでいるので駅員さんに、他の乗り換え口は無いか、と聞くとエレベーターが有るということだったので、エレベーターに向かいすんなり乗ったところで目が覚めた。

(草野正宗が副都心線に乗った話をしていたのを読んだ。目的地に辿り着けない夢は仕事で早起きする時や、しないとならないことをしないでいる時に良く見る。最近は週二回位見ている。アミューズメントは何かしらの誘惑だろうか。日本橋は行きたい個展の場所、行かなきゃ行かなきゃと思っていた。日本橋から渋谷に行くのは銀座線だ、ちょっと間違えた。)

最後の一本は、何時もなら辿り着けないまま終わるのに、良い兆しで終わっているからすごく珍しい。だれか夢分析してくれないか…、って自分で分析出来てしまう単純な夢だ。

暗室の代わりにスチレンボードを切る。1メートルの定規を買ったのに、カッターマットが60㎝ちょいしかない…。

|

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060671/24395537

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »