« パリフォトの額 | トップページ | 「あー、今ないねー」 »

見た目が悪いのだ、若しくは良いのだ

ギャラリーに額装しに行く途中、恵比寿の裏道で、サラリーマン風の男の人に擦れ違いざま、「アヤー!」みたいな奇声を投げ掛けられる。ビックリしすぎて大笑いしてしまった。私は丸顔のちびっ子だから、暗がりだと幼く見えるらしく、反撃しなさそうだからか、露出狂、痴漢、そして今日のような人が接触を試みて来る事が多い気がする。

痴漢は面倒くさいけれど、小学校の時にしょっちゅう遭っていて、2年生になった頃には反撃法を見つけ出し、何とも思わなくなってしまった。(大人になって、そんなに混んでいない中央線で相方と話している時に、後ろにいた中東もしくはインド辺りの人に痴漢された時は凹んだが。)(あ、最近は電車では殆ど遭わない。)

露出狂とかは、本当に面白い。キャーとか言った方がいいのか?別にだからって追いかけてきたりするわけじゃないから、怖がる事もない。私はどうしてびっくりすると笑っちゃうんだろうか?

この間居酒屋さんのカウンターで、隣の人がメニューを取るときに、私がまだ口を付けていない満タンの柚子みつサワーを見事に私の方に倒した。私もすぐ立てば良かったのに、零れる様をついつい観察してしまったために、びしょ濡れになってしまった。パーカーから、ズボンから、パンツも、靴の中にも…。

足がむくむので、椅子の上にお姉さん座りをしていて靴を脱いでいたので、とりあえず裸足で立ち、爆笑…心配する倒した張本人に「パンツまでビショビショです!!」と言ってのけた。「こんな経験中々出来ないので面白いです!」とも。しかし店員さんが濡れたおしぼりを大量に持って来たのにはちょっと腹が立ったが…。(客としてではなく、接客業をしていた人間として、どうやって拭くんじゃ!と。)

痴漢は面倒臭いだけだけれど、昨日みたいな人はある意味エンターテイナーだ。一瞬で非日常に連れて行ってくれる。楽しい。

私も展示で、エンターテイナーになりたいな、と思う今日この頃。

|

« パリフォトの額 | トップページ | 「あー、今ないねー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1060671/24492884

この記事へのトラックバック一覧です: 見た目が悪いのだ、若しくは良いのだ:

« パリフォトの額 | トップページ | 「あー、今ないねー」 »